蜂退治業者を選ぶ際は、信頼できるところを見つけよう

蜂退治に対応している業者さんたち~目的に合ったところを選ぼう~

蜂退治に対応している業者さん

自治体で対応している
蜂は危険な害虫であるため、放っておくと多くの人に害を及ぼす恐れがあります。そこで、蜂退治を行なっている自治体は少なくありません。無料で蜂退治を行なっている自治体も多いのですが、地域によっても異なります。蜂退治に掛かった費用の一部を負担してくれる場合もあります。特に危険なスズメバチの駆除のみを無料で行なっていることもあるので、確認しましょう。中には、防護服を貸出している自治体もあります。
専門家がいる駆除業者
自治体ではなく、自分で蜂退治業者を選んで依頼したいという人もいるでしょう。自治体が主に対象にしているのはスズメバチだからです。アシナガバチやミツバチに悩んでいる人は、業者に相談してみると良いでしょう。アシナガバチやミツバチに刺された場合でも実際に毎年死者が出ているので、小さな子供がいる場合はガーデニングをしている家庭では注意が必要です。

蜂を退治してくれない自治体もある

ほとんどの自治体が対象にしているのは、「蜂単体」ではなく「蜂の巣」です。巣はなく、餌を探しに飛んでいた蜂がたまたま部屋に入ってきたという場合は、たとえ危険性の高いスズメバチであっても駆除はしてもらえないでしょう。駆除の対象や条件は、自治体ごとに異なっているため確認すると良いです。

子供が蜂に襲われないための予防策

蜂から子供を守るために行なう対策方法とは

服装に気を付ける
できるだけ肌の露出を控えましょう。蜂は甘い香り以外に汗や体臭にも反応します。また、黒い色に大して攻撃的です。これは、蜂の天敵として熊や黒い色をした動物が多いからと言われています。子供やペットと散歩するときは、白やパステルカラーなどの明るい色味の服装を心掛けましょう。日本人は髪と瞳の色が黒いため、防止やメガネで頭部を保護することも有効です。
黒いものをつけない
前述しましたが、蜂は黒いものを特に警戒して威嚇してきます。これは動くものだけではなりません。スマホや黒いカバンにも興奮するため、服装以外に持ち物にも気を付けましょう。光を吸収する黒とは逆に、光りを反射する金属にも興奮します。腕や首元に貴金属や腕時計を付けないようにしましょう。年配の人は黒っぽい服装や持ち物が多いので、明るい色を選ぶと良いです。

子供の肌にスプレーを掛けておく

子供が遊びに行く前に、ハッカ油を肌に塗っておくと蜂刺されを予防できます。ハッカの香りは蜂以外の多くの虫にも嫌われているので、おすすめです。直接塗っても良いのですが、レモングラスオイルと混ぜてアルコールで乳化させてスプレーにすると使いやすくなります。ティーツリーやユーカリなども虫除け効果があるので、工夫してみると良いでしょう。

TOPボタン