蜂退治前に刺されたら~子供を救うための応急処置法の確認~

適切な処置で子供に起こるリスクを軽減できる

応急処置をしておく

その場から離れるようにする

蜂と遭遇したら、慌てずにゆっくりとその場から速やかに離れるようにします。蜂は動くものや音・香りを放つものに反応します。叫んだり手で払ったりすると蜂を興奮させてしまいます。既に刺されている場合は、蜂のフェロモンが患部に付着しています。そのフェロモンが目印となって他の蜂も攻撃してくるため、できるだけ遠くに逃げましょう。逃げてから刺された患部を確認します。

針を抜いて毒を流す

蜂の毒は水溶性なので、刺された後は血液に乗って体内で症状を広げます。全身症状であるアナフィラキシーショックが現れやすいのもそのためです。ポイズンリムーバーが近くにあれば、それを使い毒を吸い出しましょう。患部に毒針が刺さっている場合は、指で取ろうとしてはいけません。毒針から毒液が更に出てしまう恐れがあります。ピンセットがあればゆっくりと抜き取り、なければ患部を素早く振って毒針を落とします。毒液は傷口からも入っていくので、口の中に傷がある場合は、直接吸い出すことは避けましょう。流水で洗い流すようにします。

刺されたところを冷やす

蜂に刺された患部は赤く腫れ上がり、熱と痛みが出ます。毒液に反応して体内で炎症が起こっているため、患部はできるだけ冷やしましょう。冷やすことで症状の悪化を抑え、痛みを緩和できます。濡れタオルなどで冷やす前に、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン軟膏を塗りましょう。薬を塗って患部を冷やすことで痛みは緩和しますが、これはあくまで応急処置です。この後、症状が悪化する恐れはまだ残っています。早めに医療機関を受診しましょう。

刺されたら何科で診てもらう?

蜂に刺されるのが2回目であったり、子供が刺されたりした場合はとくに病院へ行くことをおすすめします。蜂に刺された場合は、皮膚科を受診します。内科では診てもらえないこともあるからです。アレルギー専門内科でもいいのですが、数が少ないため、急いでいるときは探すのが困難です。なお、子供が刺された場合は、小児科でも対応してくれます。アナフィラキシーショックが現れる前に、救急車を呼ぶのも1つの手です。蜂に刺されたことを救急隊員に伝えれば、適切な医療機関に搬送してくれます。

TOPボタン