蜂について知っておくと、蜂退治の依頼もスムーズ

子供が刺されないためにもアシナガバチの習性について知る

危険な蜂と言えばスズメバチを連想する人が多いでしょう。しかし、危険な蜂はそれだけではありません。アシナガバチについて見てみましょう。

アシナガバチを知ろう

見た目の特徴
アシナガバチはスズメバチ科アシナガバチ亜科に属しているので、見た目がスズメバチにそっくりです。スズメバチと比較すると体が細長く、長い後ろ足を持っています。また、体には黄色い斑点があるのが特徴です。飛ぶときはスズメバチよりもゆっくりブラブラと飛びます。後部を下にして体を立てるように飛ぶため、大きく見えるでしょう。
危険性
スズメバチと比べると毒性は低いですが、刺されたときの危険性は同じです。アナフィラキシーショックなどの全身症状も同じく発症します。刺されたときの傷みはスズメバチ以上とも言われているため、気を付けましょう。体の小さい女性や子供、年配の人も注意が必要です。

巣の形は他の蜂とは違う

アシナガバチの巣は、いくつもの綺麗な六角構造の部屋からできています。外は覆われていないので、中の様子が分かります。巣全体の形は、お椀のような半円形です。巣の中には白いさなぎがいて、巣の外側にはアシナガバチの成虫が沢山群がっています。パット見ただけで蜂の巣だと分かるので、見つけた場合は近寄らず、早めに蜂退治業者に巣の除去と蜂の駆除を依頼しましょう。

まとめ

アシナガバチは蜂の仲間ではありますが、攻撃的なスズメバチとは習性や特徴が異なります。蜂の種類と危険性の違いについて判断できれば、蜂と遭遇したときに適切な対処ができるでしょう。

TOPボタン